« 結局留学へ (2009年9月4日) | トップページ | 留学の日々の生活 »

2009年9月23日 (水)

留学生活スタート

渡英して学生寮が開くまで二晩ホテルに泊まり、寮での一日目に向かいの部屋のやつと会って町をぶらついた。その次の晩、そいつが別の棟で(後から考えると)少しワルっぽい仲間を見つけ、俺にも入れと声をかけてくれたからついていくと、あれよあれよという間にパブに繰り出した。聞き取りはほぼ不可能。とにかくがんばってついてったら、ディスカウントストアみたいなところで15本入りのバドワイザーの段ボール箱を4箱買い、俺も一箱担当した。レジで身分証を出せと言われているのを見てやっとわかった。こいつらはバカ(失礼)なんだな・・・としみじみ。そりゃそうだ、大学に入りたてなんだからな。

その晩、さすがに責任を感じ、何かあったら俺にも責任問題がひっかかってくるとヒヤヒヤしながら状況観察モードで飲み会参加継続。折を見て、俺の年齢がわかるような話に持っていって少し驚かす。「9年前、東京で医療機器輸入販売の仕事をしてたとき・・・」みんな目パチクリ。こんな大量に飲むのは危険だぞ、と話を締めくくって退散。

そのことがあってから、腹にたまったビールもたたって友達づきあいに少し自信を失ってしまった。英語もほとんどわからんし・・・。もっとも、それも良し悪し。一心不乱に説明会の資料を読み、いろいろ参加して情報収集。やっと学生としての登録が明日完了し、学生証が発行されて、晴れて図書館に入れる身になる見込み。二日ほど送れて八人が入るウチの寮にぞくぞく面白そうなやつが到着するものの、最初の飲み会でのミステークからビクビクして自然に接することができていなかった。さっき、思い切って共用スペースの台所に行ってみた。みんな、冷蔵庫もコンロも活用しててビックリ。俺が「退屈だ」と言うと、ロンドンから来てるやつが「全くだ」と言った。

今日、サークルの勧誘会があった。ボート部のブースでいいガタイのやつと対峙すると、昔を思い出して熱くなる。メアドを書いてきてしまった。勧誘会、行ってよかった。パブの一軒で頭を冷やしてから、早朝に起きてろくろくものも食べずに一人で作業を進めていく日々。どうしても図書館の環境がほしかったので、大学から少し離れた町の中央図書館に行って、昨日もらったシラバスを延々と読み、午後2時過ぎに大学に戻って指定された場所で20ポンドで白衣を買った。いつものように軽く食べ物を買い、白衣を置きに部屋に戻ってデリカテッセンをかじりながら、サークルの勧誘会を資料でチェックして、少し迷ったが行ってみた。よかった・・・。

明日、イギリスの銀行口座が開く見込み。その口座番号を登録すると、学生登録が完了し、学生証兼図書館カードが発行される。図書館通いの生活スタイルを始める直前の夜、寮仲間に一言あいさつもできてほっとして、これを書いている。

料理も、始めよう!いい勉強をする体制を、一つ一つ整えていく。

|

« 結局留学へ (2009年9月4日) | トップページ | 留学の日々の生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局留学へ (2009年9月4日) | トップページ | 留学の日々の生活 »