« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月 2日 (土)

年末、こんな感じでした (2010年1月2日)

Beatlesの映画「Yellow Submarine」、何回見ても見飽きない。とうとうAmazonでDVDを注文してしまった。


クリスマス休暇と言っても、急遽決まってなだれのように始まった留学生活の中で休暇中の計画などできない。何しろあいさつ回りだと思って、クリスマス前にロンドンに行ったのが僕のイギリス旅行始め。バッキンガム宮殿、ウェストミンスター、国会議事堂の時計台に着くとちょうど三時でビッグベンが本当に三回鳴った。テムズ川べりを一人で歩くと本当にくつろぐ。重厚な建物を次々通り抜けていくとシティが見えてきて、その向こうにはタワーブリッジ。セントポール大聖堂がガランガラン鐘を鳴らしっぱなしにしてるからみんなと一緒に吸い込まれていくと、クリスマスキャロルが始まった。23,24とある一日目の方にちょうど当たったらしい。暖まって、その日は日帰り。

二回目は30日から。電車の切符の件で売り場スタッフと大喧嘩。とにもかくにも朝の暗いうちから部屋を出て、ケンブリッジに到着した。町のインフォメーションセンターに申し込んで、ガイドさんと一緒に町歩き。ガイドは地元のおばちゃんで、15人くらいのグループで和気あいあい。寒い中を教会から教会へと避難しながら受ける説明は楽しく、また重要な内容をたくさん含んでいた。トリニティカレッジの卒業生はニュートン、バイロン、クライストカレッジからはダーウィン。ぐうの音も出ない。最後に着いた教会の真裏にはキャベンディッシュ研究所があり、そこで核分裂実験が行われたり、DNAの構造が明らかにされたという。ガイドの後で行ってみた。本屋さんとかを見てから博物館をぐるぐる回り、夜のバスでオックスフォードへ。

ユースホステルで朝ごはん。今の学校の先生方への年賀状を書き終えてポストに投函してから、大学エリアに入った。例によってガイドツアーに申し込む。路上で説明があるのにメッチャクチャ寒いんで困った。おばちゃんが手袋をかたっぽ貸してくれた。うれしかったです。建物はさすがにすごかった。ラドクリフ・カメラっていう読書室が、猫バスみたいなトラ色のチェック柄とずんぐりむっくりな形で超いい感じ。ガイド終了後に2ポンド払って町の中心の古い塔に登るといい眺め。その時、寒すぎて空気中の水蒸気がその場で雪になってチラチラしてた。長いパンにたくさんツナがはさんであるのを買って町をぐるぐる回りながら食べ、ラドクリフ・カメラの前で食べ終わった。また博物館をじっくり見てから、帰りのバスに乗り込む。

チケットをよく見るとバスを乗り換えなきゃいけないらしい。ところがその乗り換え方がよくわからない。寒くて腹が減りすぎてて、バーガーキングに飛び込んでとにかく食べる。で、また探して、問い合わせの電話をかけたら携帯の電池が切れちゃって、色々聞きまくって走り回ったんだけどとうとう出発時刻が過ぎた。バスターミナルから電車の駅までは歩ける距離じゃないからタクシーを使わざるを得なかった。インフォメーションのお兄ちゃんは、多分俺がブチ切れすぎてたんで緊張したんでしょう、「5ポンドです」とか言うからカードで払って少し機嫌が直って、プラットフォームで切符を見直したら50ポンドって書いてあった。

マンチェスターに戻ると、年越しカウントダウンのためにみんなバーにたむろしてる。真冬にほとんど裸でうろうろしてるのにはいつもながらあきれる(実は好きなんだけど)。年越しそばはカルボナーラ。


今年は、さらに英語文化圏に染まろう。本と映画と音楽だ。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »