日記・コラム・つぶやき

2010年3月 4日 (木)

バーの奥で議論白熱

マンチェスターで民主主義を見た。

ドラッグ汚染による迷惑を人並みに受け、ステューデントユニオンによる「ドラッグを合法化すべきか」というディベートがあるとホームページに出ていたので本当に困るから昨日出席してきました。

広めのバーの奥の扉をくぐると落ち着いた講演室があり、夕方5時と聞いて生真面目に急いだら一番前に空いてたソファに座っちゃう羽目に。濃い面子の自己紹介が続き、どうやらユニオンがドラッグ合法化を目指すグループからゲストスピーカーを呼んでの催しらしい。議長の切り盛りが後から考えるとものすごく良かった。洋画家がジャンヌダルクをイメージして描いたらこんな感じという女の子が腕時計を見てて、話の流れも加味しながら時間制限の催促にスピーカーが話してる最中机をバンバン叩く。

意見があるとき、立ち上がってアピールするがスピーカーからの許可がない限り割って入らない。かなりの頻度で結局座りなおす。聴衆の中からもポンポン立ち上がっていた。もっとも、顔見知りらしいメンバーが相当いて、議長が名指しで「イエス、XXXX」とアピールに応えて意見させてもいた。

内容は正直よく理解できなかった。多分こうだったとか書けないし。参加しながら思ったのは、ドラッグ合法化という発想がそもそも「ドラッグのない社会を作るのはムリだ」というあきらめからスタートしているんじゃないのかということ。後ろの方から真摯な意見があり、合法化によって薬物がタバコやアルコールと同じように「ああ、楽しんでね」とみんなに認識されるように社会常識が変化するのは良くないというおそらくは自分と同じ初参加者からの説明には納得至極。

ディベートの後で挙手による投票、15対14で合法化反対の勝ち。あの講演室には合法化を望む人たちがかなり集まっていたようだ。結果は結果として、より大事なことは反対派と賛成派が交流するということなんだと後々思った。ゲストスピーカーには直後にワインのプレゼント。


すぐ熱くなる俺。大人気なくすぐ怒って後で反省。違う意見を持ちながらユーモアを交えて交流を図る文化は大変勉強になりました。

| | コメント (35)

2010年2月 6日 (土)

新学期スタート (2010年2月6日)

二学期が始まった。

もろもろの事情で、部屋を替わることになった。

イギリスの大学ではクリスマス&ニューイヤー休暇明けにいきなり試験、その直後に二学期が始まる。二週間目の終わりの今日、成績発表があった。生物学が、アララ~のD。C以上が必須、もっともボーダーの60まであと2点だから二学期で60点台を取って平均C以上を取れとの事だった。

目下の悩みは、新しい寮でキッチンを使うタイミング。いきなり全員と仲良くなろうというのは悪あがき、ゆっくり時間かけながらじわじわ浸透していくしかない。それより学生寮課にはきっちり埋め合わせしてもらおう、留学生担当のチューターくらいやらせてもらわないと割が合わない。ボランティア日本語教室も、二学期はやらないし。

なんかあんまり書くことがない。学期の始まりだからかな。色々挑戦してまた報告します。

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

授業も終わり (2009年12月22日)

本当に久しぶりに、日記を書きます。

クリスマス休暇に入りました。一学期はもう授業はなくて、一月の第四週から各科目の最終試験があります。

わけわかんなくても自らBBCをかけっぱなしにするほど、イギリスの生活に影響を受けています。フィッシュアンドチップスも何回も食べました。

みんな家に帰り、お祭り騒ぎも大体お開き。今朝、夢を見た。横浜ベイスターズの佐々木が、ピッチャーゴロをぎりぎりのところで取れなくって、また追いかけることができなかった。それを他のスポーツ仲間と見ていて、その仲間の一人が「ところで、夢って、ありますよね?」と言ったところで目が覚めた。

必要に迫られて事務手続きとか勉強とかをがんばる日々は過ぎ、休暇の中にほっぽり出されて、自分を見つめなおしている。ミクシイの日記を読み返してみたり。夢は、いつも人に好きですって態度で示すこと。

寮仲間が残していったミネラルウォーターを飲みながら、もらった紅茶の缶カラに描いてあるサンタさんを眺めている。また雪が降ってきた。

| | コメント (0)

Now on Christmas vacation

Secretly, I start my diary by English now.

Now my university is on Christmas vacation and most students came back home, some overseas. I have to find what I will do from tomorrow.

At the end of this August I was given admission from a university in UK. As I had given the admission up once, this studying abroad made me undergo very tough schedule.

This first semester, in addition to attendance to my course I held Japanese class every Saturday. Both at my course and at Japanese class I got many friends.

Ahhhh, it is difficult to express tribial impressions or to explore my memory and reach new conclusions..Day to day step by step, let's improve.

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

洗濯の合間に

日曜の午後2時半。昨日興奮して寝付けず、お昼前にようやく起きた。圧力鍋を買いにわざわざ遠くのスーパーに行ってみたら、この前あったはずのところに鍋がない。帰ってきて、コインランドリーで洗濯物を洗濯機から乾燥機に移す。待ち時間、これを書いている。

色々ありすぎてまとまらない。とりあえず、少し勉強が進んだ。

出席率が悪い。勝手な想像をするが、社会のモラルと学業へのモチベーションが深くかかわりあっているようた。注意して直るものでもないことは先生・生徒をはじめみんなわかってる。状況改善に乗り出すには勇気とスキルとタイミングが揃い踏みしてなきゃいけない。

化学の授業でのこと。先生の中で一人、遅刻をすると怒る人がいた。どんな理由でも、それはいけないことなんだと態度で示す。クラスには、実験をフケるやつ、車で通学してきてたいてい2時間目からのやつ、時々しか学校に来ないやつ、名前しか聞いたことがないやつなどがいる。その、車のやつがふと質問をした。「イエス、XXXX。」即答だった。俺は泣いた。

その先生は、学生証の写真で顔と名前を覚えていたのである。週に2回しかないうちのクラスの、おそらく全員だ。XXXXにしろXXXXにしろXXXXにしろ、俺も胸がつぶれるほど心配だ。XXXX先生はフェアネスを貫き通して立っており、それが上の一言でクラス中の誰の目にも明らかになったはずだ。

昨日の夜、けんかしてたフラットメイトと仲直りのきっかけづくりができた(と願う)。その後、また別の友達に教えてもらった曲をYoutubeで聴きながら歌詞を調べて書き取り、水曜日に特別に設定してもらったマンツーマンの英語特訓教室で母親くらいの年の先生に披露することにしている今週の歌の準備をした。閉館で途中までだった高校卒業生向けの生物の教科書をキリのいいところまでがんばって読んで、寝て、起きて、いろいろやって午後三時。

洗濯物を取りに行ってくる。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

ピンチとチャンスがいっぺんに

土曜の夜。

さっき、ボランティア講師のセミナーの後、日本語をやりたがっていた講師仲間に誘われ明るいうちから飲む。かなり話したつもりだったが、夜まで飲むべきだった。もっと突っ込めばよかったと後悔しながらこれを書いている。ビール2杯で俺だけグロッキーになったことも原因だが、ボランティアの覚悟が足りてない。土曜日は自分以外のために使うと決めたんだよ!今、携帯でメールした。

授業が始まって一週間がすぎた。英語の授業は、マジでやばいことにほとんど聞き取れない。必死でもらったテキストを先読みしてるけど、本当に困るのは実験のとき。口頭で指示がでる。実践の場で、状況に応じてその場で対応するんだから、聞き取れないとお手上げ。そんなこんなで、もちろん日本にいるときもそうだったんだけど、一人でもがいてても行き詰まりを打破することはできないことがよくわかった。で、ボランティア。一週間に一回まったく別のことをやるのは健康にもいいと思って。そしたら、そのつながりでランゲージエクスチェンジという起死回生の一手に目が向いた。日本語を勉強したい、理想的にはもうすぐ日本に行くけど日本語が不安だという人を見つけてトレーニングしあえばいい。今日会った彼がまさにそうだった。

難しいことだけど、狙って利益を得ることはできない。狙いつつ、がんばってがんばってそれでもだめで、それを全部放り出すんじゃなくって、別のことをやる。その「別のこと」が、実はもろに狙っていたことだったとあとで気づく。ワトソンとクリックがDNAの二重らせん構造を発見した過程でも、まさにそういうことが起こったんじゃなかろうか。

みんな、ものすごい勢いで大量にしゃべる。押したり引いたりしながら一歩ずつ、確実にその影響を受けて変わっていく自分。経験があまりにも新しくて、部屋に戻ってもショックが収まらない。もしかして、同じぐらいのショックを、自分と接した人も受けているのかもしれない。

寮の同じ棟に、イギリス本国から4人、デンマーク、ドイツ、イタリア、日本から一人ずつの計8人。キャンパスを貫く大通りには中国、インド、中東からの人がわんさか歩いてる。そこに、お城みたいな建物がニョキニョキ建ってる。みたいじゃなくてまさにお城。その光景に慣れていくことひとつとっても・・・ん?

今、さっきの友達から携帯に返信があった。わーい♪

| | コメント (0)

2009年9月26日 (土)

留学の日々の生活

金曜の深夜、これを書いている。

色々あった・・・。例によって早朝から起き出し、事務作業を延々とやる。何度も行き過ぎて敷居高いなあと感じ始めたユニバーシティセンターの食堂で、いつもながら非常にうまい朝ごはん。朝っぱらからかなり運動してるのにすきっ腹で机に向かうという生活を続けてて、マジで体が参ってきた。遅い朝ごはんを済ませて、10時半。

それから、キャリアサポートセンターにアポイントをとりに行った。これは、よくやったと思う。

11時から、生物学学部向けの図書館とeラーニングの紹介。ひょんなことから、教会の中から出てきた教会スタッフの女の子を初めて見た。かわいいのなんの。

その後、あやふやにしかわかってない話の内容を確かめに図書館へ。それから一度帰る。しかし作業がはかどらないので再び図書館へ。途中、朝から連チャンでユニバーシティプレイスで昼ごはん。

午後五時を回り、図書館から出る。あまりのはかどらなさに辟易。自分のことばっかりやってるのも良くないと思い、かねてから気になっていた語学ボランティア講師の申し出をしにインターナショナルソサイエティに行く。ラッキーなことに、そこに責任者が出てきてくれてかなり色々お話してくれた。ありがとう、ステファン。

それで元気が出て、まだ日が落ちきらないうちに歩いて10分ほどのスーパーへ買い物。そこまで行かないと鍋や包丁は売ってない。料理道具を調達できたのは今日の収穫であった。

午後8時からの陸上部のミーティングに出席するために出発。シティ方面に行ったがそれは勘違いで、逆方向にかなり歩いたところに45分くらいすぎにやっと指定のパブに到着。いろんな人に道を尋ねた。さて、着くとこれまたいろんな人がいる。最後は、無理やり話しかけてた。よくやった、俺。

九時半ごろ?に退散。ちょうど来たバスに飛び乗る。運転手の若いお兄さんがチケットの払方を教えてくれた。脇から出てきた紙を破りとって、座る。ちなみに、降りるときにそれを渡したら、少しお互い見合ってから受け取りはしなかった。というのは、その紙はただのレシートだったからで、そのときのやり取りなど、本当にケッサク、今も思い出し笑いしてしまった。

遅くに帰宅すると、インターナショナルソサイエティから日本語ボランティアに引っ掛けてメールが届いていた。母親のも。

寝よう。

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

留学生活スタート

渡英して学生寮が開くまで二晩ホテルに泊まり、寮での一日目に向かいの部屋のやつと会って町をぶらついた。その次の晩、そいつが別の棟で(後から考えると)少しワルっぽい仲間を見つけ、俺にも入れと声をかけてくれたからついていくと、あれよあれよという間にパブに繰り出した。聞き取りはほぼ不可能。とにかくがんばってついてったら、ディスカウントストアみたいなところで15本入りのバドワイザーの段ボール箱を4箱買い、俺も一箱担当した。レジで身分証を出せと言われているのを見てやっとわかった。こいつらはバカ(失礼)なんだな・・・としみじみ。そりゃそうだ、大学に入りたてなんだからな。

その晩、さすがに責任を感じ、何かあったら俺にも責任問題がひっかかってくるとヒヤヒヤしながら状況観察モードで飲み会参加継続。折を見て、俺の年齢がわかるような話に持っていって少し驚かす。「9年前、東京で医療機器輸入販売の仕事をしてたとき・・・」みんな目パチクリ。こんな大量に飲むのは危険だぞ、と話を締めくくって退散。

そのことがあってから、腹にたまったビールもたたって友達づきあいに少し自信を失ってしまった。英語もほとんどわからんし・・・。もっとも、それも良し悪し。一心不乱に説明会の資料を読み、いろいろ参加して情報収集。やっと学生としての登録が明日完了し、学生証が発行されて、晴れて図書館に入れる身になる見込み。二日ほど送れて八人が入るウチの寮にぞくぞく面白そうなやつが到着するものの、最初の飲み会でのミステークからビクビクして自然に接することができていなかった。さっき、思い切って共用スペースの台所に行ってみた。みんな、冷蔵庫もコンロも活用しててビックリ。俺が「退屈だ」と言うと、ロンドンから来てるやつが「全くだ」と言った。

今日、サークルの勧誘会があった。ボート部のブースでいいガタイのやつと対峙すると、昔を思い出して熱くなる。メアドを書いてきてしまった。勧誘会、行ってよかった。パブの一軒で頭を冷やしてから、早朝に起きてろくろくものも食べずに一人で作業を進めていく日々。どうしても図書館の環境がほしかったので、大学から少し離れた町の中央図書館に行って、昨日もらったシラバスを延々と読み、午後2時過ぎに大学に戻って指定された場所で20ポンドで白衣を買った。いつものように軽く食べ物を買い、白衣を置きに部屋に戻ってデリカテッセンをかじりながら、サークルの勧誘会を資料でチェックして、少し迷ったが行ってみた。よかった・・・。

明日、イギリスの銀行口座が開く見込み。その口座番号を登録すると、学生登録が完了し、学生証兼図書館カードが発行される。図書館通いの生活スタイルを始める直前の夜、寮仲間に一言あいさつもできてほっとして、これを書いている。

料理も、始めよう!いい勉強をする体制を、一つ一つ整えていく。

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

お盆も終わり

16日、深夜。日付が変わってもテレビを眺めながら、変わったことや変わらないことについて考えてる。

父方の実家は仙台。すったもんだはいつものこと。行って、帰って、母方の家でひとり、時が流れている。

大事なことで、書けない事がある。人間の常だな。ブログって難しい。やっぱ、紙ベースの日誌も大事。

食事と運動を色々工夫するノウハウを実践してきたけど、家族関係はそれで解決しないこともある。で、じゃあどうすればいいかともがいてきた。本音をわかりやすく言葉にして伝える努力を通じて、先祖から続く生の営みのタスキをつなぎたい。この方向でがんばってると自覚するとき、深いくつろぎがやってくる。その時が、創造的な活動ができるチャンスになる。

生かされて、生きている。こう思える今、ボトルネックは自分の生活スタイルなんだ。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

今、自分の目標はなんだろう

テレビで応援団員の熱血生活のドキュメンタリーを見て、心を揺さぶられている。今文案を練っている自分の状態が恥ずかしい。

目指しているものは何なのか。それに確信がもてないと苦しい。

理論生物学と身体運動科学を同時並行で学び、部活動を通じて自分の身体で理論を即応用してみたい。そう思っていた二十歳の頃。

科学を人に説明できるようになるために語学と数学に燃え、「身の回りの科学技術を一人ひとりが再検討でき危険を覚悟して生きていける社会を作る」とビジョンを明確に言葉で表現するに至った二十五歳の頃。

そして、今。三十歳。進路に悩み、決心・着手しては中止・再検討を繰り返す日々。とうとう四国お遍路に出た。旅を完了して心に残ったのは三つの思い。食べていくというのは大変だ、だから自ら恵みを求めなければいけない、そしてみんな仲良く暮らせますように。

お遍路から帰ってきて、少し生活が乱れた。乱すに任せたのだから当然だ。さあ、立て直そう。いい食事、いい運動、いい休息を取る。すると掃除をしたくなる。さらに金や時間ももっといい管理ができるようになるだろう…。どこに向かっての管理か?そう、それが問題なんだ。けどそれだけじゃない。計画にも精を出しながら、日々状況に応じての実践活動そのものの中に美しさや喜びを感じたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧